パーチメントのペイント

パーチメントも上級コースに入って6作品めになりますが、1つの作品を作るのにすごーく時間がかかります。
技術的にもだんだんと難しくなってきています。

その中でもペイント 色を塗る道具が4種類ほどあり、上級になってくるとやはり 難しく時間がかかります。

簡単に紹介すると、まず初級で習うのは、ドルソというパステルみたいなものを使ってトレースした裏に適当にぬりそれをティシュにつけたオイルでのばすもの。

画像


それから初級で習うもう一つは、ペルガカラーと呼ばれる水性マジックのようなものを直接塗ったり、ペーパーパレットにとり、水をつけた筆の先に少しだけとり のばす方法。

画像


中級になるとピントゥラ・ピンタペルラと呼ばれるインクをペーパーパッレトにとり、水をつけた筆の先に少しだけつけて、のばしていく方法。

画像


上級になるとペルガライナーコンビというものなのですが、色鉛筆なのですが、1箱にベースとなる油性の色鉛筆と水性の色鉛筆が入っていて まず油性の色鉛筆を適当に塗り、その上をオイルをつけた綿棒でのばし その上から水を付けた筆の先に水性の色鉛筆をつけてのばす。2色使いの場合その上から違う色をのばしていきます。

画像


ペルガライナーで色を付けるとこんな風になります。

画像


画像


あまり上手くはありませんが。。。^_^;



 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック